カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

とある幽霊部員

Author:とある幽霊部員


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の一杯

俺はダッジ・マグナムを駆り、春の日差しの中でのドライブを満喫していた。
ふと小腹が減ったので、目に留まった店に入った。
L.A.を放浪していた頃もよくこうして行き当たりばったりの食事を楽しんだものだ。
もっともうまい飯に出会ったことは一度もないが。
アメリカ人はきっと全員亜鉛不足に違いない。味が濃すぎる。

俺が今日入った店は、さっぱり味がウリのラーメン屋だった。
無添加・無化学調味料で、天然素材のみ使用という宣伝文句が店内にベタベタ貼られていた。
なるほど、これが最近流行のロハスというものかと思った。
言葉の意味はよくわからないが、俺の直感がそう告げた。

ラーメンを注文して5分後、一杯のドンブリが差し出された。
ラーメン屋の割にはやけに待たせるな、と思った。
おそらく店員は丹精を込め、丁寧な仕事をしていたのだろう。
これは期待できると思いながら、レンゲ一掬いのスープを口に運んだ。

薄い。
無添加・無化学調味料で、天然素材のみ使用というそのスープは明らかに味が薄かった。むしろ無調味といっても過言ではなかった。
カウンター前にぶら下げられたウルメイワシの干物は、いったいどこにその影を潜めていたのだろうか。

一杯を平らげて店を出た後、俺は食後の一服を楽しんだ。
食事で満たされなかった心の中を、柔らかな煙が埋めていった。
やはりラーメンはマルちゃんの「激めんワンタンメン」に限る。
俺はそう確信し、マグナムに乗り込んだ。
スポンサーサイト

コメント

はなまる
書き込みすんの初かな?ぐふふ。

またそんな・・。
以前横浜の中華街でうっかりラーメン食べたら
それこそ同じようになんの味もしないで残してやりましたよ。

・・・無駄に高くて、ずぎゃ~んな店でした。
カリスマの行った店は値段的にはどうなのよ?
今回は曲は出来なかったの?
USUI
とか。(笑)

とある幽霊部員
俺はいろんな出来事のたびにサウンドが頭に鳴るんだけど
このラーメン食ったときはイルカの鳴き声みたいのが聞こえたね。
「キーーーン」って感じの

はなまる
いるかの鳴き声って
「キーーーン」だっけ?(笑)

とある幽霊部員
いや、なんか超音波みたいな音なんだけど・・・
「ふつうの人には届かない」って言いたかったんだけど・・・
それぐらいわかってください!

Techno
そーいえばさー、アメリカにいた3年間オポッサム狩って毛皮細工売ってたって言ったら信じちゃったかわいらしいC年いたよね。

やめちゃったけど。元気かな。

とある幽霊部員
あの子たしかハムスターとかリスとか好きって言ってたもんな。
そりゃオポッサム狩ってる先輩なんか憎しみの対象にしかならんわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akabustagihs.blog61.fc2.com/tb.php/5-69bab126

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。